Today's word From Sagamihara

sagamico.exblog.jp
ブログトップ

6月26日といえば

a0031795_18304183.jpg今から31年前の今日、プロレス、格闘技界のみならず世界が注目した世紀の一戦、アントニオ猪木VSモハメド・アリが行われた。試合は当時、茶番だ何だと言われながら時代の変化とともに真剣勝負だからこその膠着だとか見方も変わっていきました。またアリ側がバンテージに石膏を仕込んだとかセコンドが猪木側に不穏な動きがあれば拳銃を発砲するんじゃないか?などのエピソードも語られるなど試合に関しての話は今でも語り継がれるほど。
そんな中、今年の3月に発行された「1976年のアントニオ猪木」は一連のアリ戦や格闘技世界一決定戦を推進していった猪木・新日本プロレスの知られざる情報もあり必読の書かも。
ただ書いてある内容(暴露的な部分)については信じる信じないは自分なりに解釈した方が良いでしょう。
しかし30年以上も過ぎてもこういう本が出るということは猪木の存在感や影響力というのは未だに衰えないのかなと思う。力道山、馬場、猪木に継ぐスターというのは時代の変化とともに出にくくなっているのだろう。
[PR]
by sagamicon | 2007-06-26 18:31 | プロレス関連