Today's word From Sagamihara

sagamico.exblog.jp
ブログトップ

マックイーンが!

競馬の世界で芦毛の怪物と言えばオグリキャップを思い浮かべる
人が多いでしょう。オグリキャップが引退した90年、その年の菊花賞を勝ち
初G-1を手にしたのが同じ芦毛のメジロマックイーンでした。
その彼が本日の午後に息を引き取ったそうです。。。

誰もがマックイーンで思い出すのが91年の天皇賞・秋。1位入線後に18着に降着
しましたがσ(・∀・。)的には春の天皇賞。
当時はワイド、3連複、3連単はおろか馬連もまだ無い時代。
1番人気にマックイーン、2番人気にメジロライアン、3番人気にホワイトストーンで
その時に2・3番人気を買わず直感で2,000円購入した5-7、5-6のうち
5-7で1610円の配当をGET。枠連とはいえ珍しく2点で的中できたので今でも
覚えてるのだが(・・;)。
それに引き換え今は10点以上予想しても当たらない(;´д`)トホホ

<メジロマックイーン>名馬死す 春の天皇賞を史上初連覇
2006年4月3日(月) 21時6分 毎日新聞

 春の天皇賞を史上初めて連覇するなどG1レースで4勝を挙げた芦毛(あしげ)の名馬、メジロマックイーン(牡・19歳)が3日午後5時15分、心不全のため北海道浦河町の社台スタリオンステーション荻伏で死んだ。
 90年にデビュー。同年の3冠レースの一つ、菊花賞を制し、86年の兄メジロデュレンとともに兄弟制覇を遂げた。91年の春の天皇賞で優勝し、メジロアサマ(70年秋)、メジロティターン(82年秋)に続く父子3代天皇賞制覇の偉業を達成。翌92年春の天皇賞も制し、史上初めて同一天皇賞を連覇した馬となった。93年の宝塚記念で1着となり、4年連続G1制覇を果たした。
 また、91年秋の天皇賞では武豊騎手が騎乗して1位入線したが、スタート直後に他馬の進路を妨害したため、18位に降着。G1レースで1位入線馬が降着となったのは初めてで話題になった。通算成績は21戦12勝、獲得賞金は10億1465万7700円。

[PR]
by sagamicon | 2006-04-03 23:32 | 競馬関連